So-net無料ブログ作成

失われてゆく記念日たち [雑記]

やっぱり体育の日は10月10日がいい!という人の統計なんかが2、3年前にとられていましたが。ハッピーマンデーは本当にハッピーなのんでしょうか。その時取り上げられていたのが、○○成人さんという人で、「成人の日に生まれたから成人という名前になったのに、成人の日が動いてしまったらこれから自分はどうすれば…」みたいな話で、確かにもう、実際の成人の日が何日だったか忘れてしまっている人も多いと思います。

実際の祝祭日が「何日であったか」ということは、確かにそれほど重要ではないかもしれませんが、それによって象徴されていたものが剥奪されていくのは、やっぱり悔やむべきことなんじゃないかと。同時に、季節感が暦の上からも、肌に感じる部分からも失われていき…。

逆に!ポジティブに考えると、何年かに一度、そういった記念日たちは元の暦に帰ってきます。その時に「より」そういった記念日が意識されるということが起こるわけで。緊張と緩和にあてはめて都合よく考えると、「ああ、やっぱり体育の日が10月10日だとホッとするな。」なんて風に思えるだけで、少し得しているのかも知れません。騙されてるのかなあ。

現実的なことを考えると3連休は確かにいいのかもしれませんが、火曜とか木曜なんかが休みでもいいじゃないですか。。。不条理な休み、無意味な休み、そういったものが与えてくれる休息みたいなものを、もっと大切にできたらいいんですけどね。

さて、今日は「目の愛護デー」ですね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。