So-net無料ブログ作成
検索選択

愛知万博とクロアチア館と私 [旅々]

消化試合が続いていたこの時間帯。とにかくあるものに片っ端から入っていました。

とにかくカラフルだったギリシャです。神話的な、意味深な文章が並んで、とにかく壮大でカッコイイ!ような感じを想像していた割には…、な内容でした。。。

アクスレピオン的なオブジェとか…大好きなものもいくつかあったんですが。まぁギリシャ神話をこのスペースで追う事が無理な話なんでしょうけど。大地/水/光と風/火と分けられた、自然を貴重にした展示だったんですが、日本の八百万の神みたいに、全ての面においてカバーしきれるだけの神様みたいなのがギリシャ神話にはいるんですよね。聞いたこと無いようなものから、捏造じゃないの?みたいなものまで、オリンピックだけじゃないんですよ。

ヨルダン、モロッコ、ブルガリア…、休憩もなくずんずん進んで行きます。

ヨルダンパビリオンにて。万博ならではの異国エステ?です。

モロッコの滝壁。を、逆さまに撮ってみたら思いの外、宜しいではないですか。

そしてそして、クロアチア館です。ここ、ホント行ったほうがいいですよ!絶対。基本的には塩、塩田の話なんかが中心なのですが、言葉ではなくて映像として、直接的に伝わってきます。ホント、言葉じゃなくて、心なんですよ。素晴らしい。

入ってすぐ、大きなスクリーンに塩田の説明などが投影されるのですが、立ったまま見なければならず少し辛いんですよ。それまでも待ち時間の間は立ったままだし、(椅子持ってきた方がいいですね…)せっかく中に入ったのにまた立たされるのか!と少し冷静さを失います。しかししかし…

映像が終わり小さな扉が開くと人がそこへと流れ込みます。人ごみを避けるように最後の方にゆっくりと扉をくぐると…、広がる真っ白な空間。塩田を再現した広い空間がそこにはあって、照明によって幻想的な光を放つ白い床がたまらなくキレイでした。

そして少しずつまた進んでゆくと、なにやら全員集合するように促されます。言葉も無く、自然に。そしてなんと足元が音を立てて揺れ始めます。何事!?と思うと、足場が少しずつ持ち上がり、なんとエレベータのように浮上していくではありませんか!いやーびっくり。上から塩田を眺められるのか~、なんてやわなものじゃありません。ただ上から塩田を見るだけなんて、何の感動も生みません。

では、なにがそんなに凄いのか。それは、さっきまで「幻想的な床」を演じていた塩田が、今度はスクリーンとなって皆の眼下に広がるわけです!上から身を乗り出すかのようにしたの塩田を見つめると、そこに今度は上から映像が投影されます。そして、浜辺を少年が走り行くのですが…、もうこれは自分の目で確かめてください。本当に感動します。あれこれストーリーがあって感動するのではなく、自然に鳥肌が立つような。人間的なお話ではなく、ただ自然を写し、そしてその”中の”人間を映しているのですが、やっぱり心に響く何かがそこにはあります。本当にお勧めですよ。クロアチアは凄い!

出口ではクロアチアの塩が無料で配られていました。無料と聞いて反応するのはやはりオバちゃんたち、ということで。次のお客さんが早く出たがっているのに、立ち止まって塩を、塩を!と。オバちゃんってどうしていつも、カバンの中にちょうど良い大きさのビニール袋が入っているんですか?どこからともなく取り出した袋に塩をありったけ詰め込んで、満足気に帰っていく姿もある種のパビリオンでした。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 0

コメント 3

モゴモゴ

確かにクロアチア館はよかった!!
by モゴモゴ (2005-06-29 16:32) 

nasutarou

コメントありがとうございます。
やはり待ち時間の問題がありますが、青い外壁に惹かれますよね。
静かな空間なのですが、興味を持たれた方はぜひ。
by nasutarou (2005-07-02 21:41) 

神戸えみ

「クロアチア館」で検索してたどり着きました。
すごく良かったですよね。
by 神戸えみ (2005-09-25 01:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。